「脂ってダイエットにとってどうなの??」



脂って聞くとイメージはどうですか?ダイエットにいいなあ~とは感じにくいのでは
ないでしょうか?

 

でも、脂は人に必要な3大栄養素のひとつです。
では3大栄養素とは?何でしょうか?昔学校で習いませんでしたか?

 

はい!そうですね。
たんぱく質・炭水化物そして脂質が3大栄養素ですよね。
あんまり脂をキライすぎてはダメな事がなんとなくここからもおわかり頂けるのでは
ないでしょうか?

 

では脂質にはどんな働きがあるのでしょうか?
脂質には常温で液体の「油」、いわゆるなたね油やごま油やオリーブオイルなどと
常温で固体の「脂」例えばバターやマーガリンなどがあります。
そしてそれらはあなたのエネルギーになるのです。

 

車で例えるならばガソリンですね。ガソリンがなければ車は走る事ができませんね。
それと同じで脂質がなければ、人は元気に動く事ができなくなっちゃうのです。
ダイエットで敵とみなされている理由がここにありますね。

 

3大栄養素のうち、最も高いエネルギーになるからです。具体的に数字でいいますと
1グラムあたり9キロカロリーになるのが脂質です。
そして、大事な事があって脂質には、自分のカラダの中でつくることができない脂質が
あります。

 

 

それを必須脂肪酸と呼びます。この脂肪酸は外から摂らないと自分のカラダで作られないので色々な体の不調が出てきます。
これらはお肌をすべすべにしたり、大切なホルモンの材料になったりしているのです。
更にいいことがあります。

 

 

脂質は油に溶ける脂溶性ビタミンの吸収に役立っているのです。
わかりやすく言うとにんじんの栄養素を効果的にカラダに取り込むためには油で炒めた方がよいのです。にんじんのビタミンAは脂溶性ビタミンだからなのです。

 

 

野菜炒めは脂溶性ビタミンの吸収に一役買っているって事ですね。
では、どれだけでも摂っていいのでしょうか?
そうですね。それはダメですね。脂は高エネルギーです。使われないと脂肪として蓄えられちゃいますので・・・。
ではどれ位の量がいいのでしょう?

 

 

はい。お答えしますね。
年齢により異なるのですが、成人で一日に必要なエネルギーの20~25%を脂質から
摂ると良いとされています。

 

 

例えば1日2000キロカロリー必要な人だとしたら・・?
計算すると40~50グラムってことになりますね。
ちょっとわかりにくいですか?
ではこんなのはどうでしょうか?
朝ごはんにトーストにバターを塗って食べていたとします。

 

 

その時に薄くバターを塗って1枚分が約5グラム程度と考えられます。
そしててんぷらやフライなどを食べると約油10グラム位になります。
じゃあ、まだまだ摂れるわね。って考えるのは少しお待ち下さい。

 

 

残りはお肉やお魚からも摂りますし、乳製品からも摂ったりします。
あっと言う間にオーバーしちゃいます。
その為にも出来るだけ良い質の脂を摂るようにしましょう。

 

 

良い質の脂とは魚の脂だったり素材そのものの事です。
あなたの日常生活の食習慣の脂質を見直してみませんか?

 

コメントを残す

サブコンテンツ

最近のコメント

    アーカイブ

    The administrator needs to log in and select a Google Analytics account.

    痩せるダイエット 口コミ レビュー ブログ

    無理しないで痩せるダイエット 口コミ レビュー ブログの先頭へ